お知らせ

地震や災害が起きることを前提にして、特に子育てに関わる人が普段から取り入れやすい防災、いつの間にか出来ていた防災の情報を発信しています、ライフオーガナイザーつるさきかよです。


毎日暑いですが
皆さまどうお過ごしですか? 


ジメジメした梅雨がおわり
洗濯物がすぐに乾くのは最高ですよね。 

電気を点けなくても
部屋が明るい、それも嬉しいことの一つです😆✨ 


いやだなーと思うことも

ラッキーな部分を見つければ
いつのまにか見方が変わります✨


ぜひぜひ見つけてくださいねー! 



昨日の午後は

まちの福祉センターで寄り集まり 

まちづくりの中でも
【みんなで子育て】をテーマに
じっくり話し合いをしてきました。 


なんと! 

気づいたら、2時間半!笑

想定内想定内^^


一緒に思いを語れる人がいるのは
とっても嬉しいことです❤️ 

それもまちに暮らす子どもが主体でね。 


 8/25日曜日14時すぎに

【インクルーシブってなぁに?】という

勉強会が開催されるのですが、

それをどう進めていこうか?
という話し合いでした。 

 


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

8/25日曜日は

かすやでインクルーシブのお話が聞けます✨

乞うご期待!! 


講師は

神村美砂子さん

服部美枝子さん

のおふたりです。 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


わたしは、以前、療育現場に勤務していた経験があります。

また、小さな頃から特別支援教育に関心と興味を寄せ、近い場所で感じてきたこともあります。 



たとえば
幼稚園と保育所の違いがわからない人がいたら、その違いを教えられる人はまあまあいると思うんですよねー 


省庁の管轄が違うとか 

そもそもの成り立ちが違うとか 

預ける目的が異なるとか、ね 


だけど

しょうがいや特性がある子どもと 

ない子どもへの関わり方の違いを
正しく伝えられる人はなかなかいないと
思うのです 



だって近くで経験している人がすくないから 

それは分かれて暮らしているから
見えにくいからじゃないの?って話です! 



しょうがいや特性がある場合に 

子どもたちがいまどんな支えが必要で

何が不必要で的はずれな一手なのか 


自立するためには

その子にとってどんな経験が必要で 

そしていまの社会の現状に合ったものかを 


その個人に合わせて
コーディネートできているか 


子どもたちからセンスが問われています



子どもたちが

どんな社会を望むのか 

どんな集団なら力を発揮できるのか 

どんな教育を必要としているのか 

私たちは

今一度考えたほうがいいと思うのです

インクルーシブは

地域の中で 

ともに遊び 

ともに育ち

ともに学び 

ともに生きることであり

学校生活が終わったら 

自分に向いている【はたらく】を選べて

自分のお給料で 

親と離れて暮らすを実現でき 

 (実家なのか 

    一人暮らしなのか 

    シェアハウスなのかを選択でき) 

親が歳を取り、人生を全うしても 

地域のこの人たちに任せられたら

安心〜♡

と言える地域づくりをかなえることが
あってこそ
だと思います。 



どうしたらできるかな? 

それを
親やきょうだい以外も

自然に考えられるようなまちにしたい 



ユニバーサルデザインなトイレは
前はなかったけれど 

今はたくさん増えて
車椅子でも入れるトイレが増えました。 



そんなふうにだれもがつかえるモノ

だれもが使いやすいシステムにしていけたら
すごくいいよね❤️


インクルージョンが広まれば 

しょうがいや病気というカードを
持っている人も
外国人、LGBTの方

いろんな個性のカードを
持っている

多様な人々が
もっと暮らしやすくなる 



 『知らない怖さ』や『対応力のなさ』を
感じていたから、大多数の人が排除していた歴史があったけど 

それってもうダサイなって思う。 



インクルーシブな教育や社会に
ご興味があり来られたい方は どうぞお問い合わせください。




子育てと介護のダブルケアをそっと応援・寄り添いを大切にするライフオーガナイザー®︎ つるさきかよです。  


今日は朝から3人を映画に連れていき、
トイストーリー4を鑑賞。
昼からは
上ふたりを美容院に。
子どもの美容院は3ヶ月に一度。

わたしはいつが最後かなぁ。
自分より
ついつい子どもを優先している
わたしに気づきました。


わたしも予約して癒されたいと思います。
まずは自分が幸せでいよう。

こんにちは。
子育てと介護のダブルケアをそっと応援・寄り添いを大切にするライフオーガナイザー®︎ つるさきかよです。  
色々片づけたいのにやる気が出ない
そういう時におすすめなのは、
10分で済む家事を行うこと。



今日おすすめの10分家事は、

・ドラム式洗濯機の手前のパッキンのほこりを取る


・自分が食べたい和、洋、中の献立を考える


・気になる引き出し一個や棚の一部スペースだけを全出しして、戻す


です。

お試しくださいね!
わたしが作成していただいたのは、
こちらのracreateさん。

☑︎ホームページを作りたいけどやり方がわからない

☑︎ホームページもブログも持っていない


☑︎ブログは始めたけれどやっぱり看板が欲しい

そんな方にオススメします。


自分が何をお客様にお届けしたいのか
とても明確になり、言語化することであなたの持っている魅力や強みを見つけられます。


racreate

見通しのよい暮らしになる片づけサイトオープンです

こんにちは。

アメーバオウンドHP作成とアメブロカスタマイズのラクリエイトです。


お客様のHPが完成しましたのでお知らせします。

≪防災・子育て・介護≫ を考える九州・福岡の片づけのClear river様です。



災害が多い昨今、防災の備えをどうしたらいいのか迷う方もいらっしゃると思います。

福岡でお近くの方は、イベントや講座もされています。

災害に備える「防災」


ご自身の子育て、介護の経験から、片づけによる楽な仕組みをつくることもされています。

片づけと介護を楽にする仕組み「片づけ作業」


現在は準備中ですが、今後は片づけの講座もされるそうです。

セミナー・講座


Clear river様のホームページ、是非ご覧ください。

鶴崎様、ありがとうございました!

https://www.racreate.jp/posts/6552792

\普段にも役立つ時短★ 防災ポーチを作ろう!の会/


7/15(祝日月曜日) 10:10〜11:30

場 所:サンレイクかすや 和室2

講 師:防災*かすや主宰 つるさきかよ ライフオーガナイザー®︎

参加費:1000円 (受講料500円+防災ポーチ持ち帰り500円)

    持ち帰りのない方やリピーターのお客様は 受講料500円のみでokです。

持ち帰れるもの: 防災ポーチ、特典シート『わたしの防災ポーチリスト』

主 催: ニコニコかすやプロジェクト

協 力: 防災ママカフェ®、備災ママスターズ福岡



自分好みに作りたい方もヒントになる会を提供しています💕

お申し込みは ニコニコかすやプロジェクトFacebookページのメッセージへお願いします。

➤お申込み


ニコニコかすやプロジェクト主催 ぼうさいかすやカフェ2019も始動します! \普段にも役立つ時短 防災ポーチを作ろう!の会/ 

✅ホントは色々防災グッズを準備したいなと思っている  

✅だけど1人じゃなかなか準備できてない

 ✅揃えるのが面倒 

✅防災リュックの中見って何入れたらいいの? 

✅防災ポーチからなら作れそう

✅普段にも役立つなら作ってみてもいいかな

✅講座にきてちょっとの安心を手に入れられるってお手軽  

✅はじめの一歩をそばで見てくれる人がいるならぜひやってみたい 

そう思っている方 ここで一緒に防災ポーチを作りませんか? 

その名も、おたすけポーチ。  

こちらで準備したポーチに、自分が必要だと思うものを選んで入れていただきます。 

アレもコレも入れたいけど、お店を回るのはちょっと大変。  

わたしが代わりに買い物してきました。 

防災だけでなく、普段の暮らしにも 役立ちますよ! 

例えば、ウェットティッシュ。 例えば、油性ペン。 例えば、いつものお薬。 例えば、簡易トイレ。 


わたしは、普段の生活によく使うもの➕災害時あるとたすかるものを入れています。 

参加者さまには、『あなただけのリストを一緒に考えるシート』をお渡しします。 

お子様づれもOK! 

日時: 2019年5月30日(木) 11時開場 11:00〜12:00 

場所: サンレイクかすや和室2 

講師: 防災*かすや主宰 つるさきかよ ライフオーガナイザー®︎ /社会福祉士/保育士 

受講料:500円 防災ポーチ持ち帰り1個につき500円 

持ち帰れるもの: 防災ポーチ、特典シート『わたしの防災ポーチリスト』 


 協力: 防災ママカフェ®、備災ママスターズ福岡 

 *講座開催実績* 

 2018年7月 『世界に一個だけ☆私の家族の連絡先リストづくり』 

 2018年8月 『ライフラインの大切さ①お水が使えなくなったら何が困る?』 

 2018年9月 『世界に一個だけ☆私の家族の連絡先リストづくり』 

 2018年9月 ニコニコえがおママフェスタ2018にて

 『備えよう!いざという時に準備しておくこと!みんなで取り組む防災の話』ミニセミナー  

 2018年10月 『ライフラインの大切さ②電気が止まったら何が困る?』 

 2018年11月 『子育てや暮らしの中のぼうさいフリートーク』

 2018年12月 福岡県粕屋町

                   『かもんまゆさん子ども館での防災講座"防災ママカフェ@かすや』への開催協力

 2019年1月 『災害伝言ダイヤル171を知ろう!みんなで一緒にやってみよう!』

 2019年2月 『あんどうりすさんのイベントシェア会』 

 2019年3月 『ライフラインの大切さ③ガスが止まったら何が困る?』 



 つるさきかよ oyakoasobikariyusi@gmail.com 

LINE@ https://line.me/R/ti/p/%40mka6133h 

 防災*かすや主宰

【開催報告】 イベント名:世界に一個だけ☆私の家族の連絡先リストづくり


日時: 2018年9月18日(火)10:00~11:00

場所: 酵母玄米Café山ぽ「Sanpo」 福岡県糟屋郡粕屋町原町2-1-32 (JR原町駅から徒歩2分) 駐車場  :無料 5台分有

参加者:親子2組 (ママ2名こども2名①8か月②2才8か月)


ニコニコかすやプロジェクト主催ぼうさいかすやカフェ



今日は、3回目の地域啓発、ぼうさいかすやカフェでした。

2組の親子が参加してくれました!

手遊びから入って、くすぐり遊びや揺らし遊びをしました。

2歳8か月ということで少しダイナミックな動きを入れましたが、その子は恥ずかしくて今日は見ているだけ笑。

8か月の子ははじめての運動、感覚刺激に驚いていました。

いいんですよー、おうちでパパやママとしてみてね、と伝えました!


さて本題です。 ふたつワークショップをしました。


①災害の時に誰といる?どこにいる?WS

家族一緒の時に起きるとは限らないこと、東北のママたちがひとりで子どもの命を守ったこと、これから小さな子どもたちが成長し、通園や通学が始まったら、ママといつも一緒にいないことなどをお伝えしました。

私がかもんさんの講座で、一番心が動いたことです。




②『世界に一個だけ、わたしの家族の連絡先リストづくり』

をしました。

災害時きっと情報が欲しくなること、携帯の充電が切れた時でも家族と連絡が取れた時の安心感、災害伝言ダイヤル171のことなどをお話しました。

子どもたちが途中ママたちに遊んで欲しがったので、おもちゃで遊ばせつつカードを記入するような感じでした。




●この前の大雨のとき、何かあったらどうしよう?誰に聞いたらいいんだろう?と不安になったとのこと。

わたしたちの町は冠水の歴史があります。

やはりどのタイミングで逃げていいかの話が出ていました。

だれか避難してるかな?と時々窓から見ていたそうです。


●今日の参加者さんは、東日本大震災のとき、埼玉スーパーアリーナで勤務されていたそうです。

そこでは、自分も帰宅困難になったこと、帰宅困難者が一時的に押し寄せたとの話を聞かせてもらいました。

毛布、水などの備蓄を配布されたそうです。

また、弁当配布などもされたとのこと。

そして、原発の影響で、福島県双葉町が町単位で埼玉スーパーアリーナに集団避難生活が始まったそうです。

だいたい2〜3か月は避難されていたとのこと。


その時の体験談。

避難所で生ゴミの入ったゴミ袋を持って社員が移動していたら、非難の声があった、と話しておられました。

なぜなら、避難している方は地べたで座る生活、その顔の真横をゴミが通ることで、においが強烈だったのだろう、とのことでした。


たくさんの人が一緒に生活するということは、気をつかわないといけない、と話して下さったのが印象的でした。

わたしも勉強させてもらうことが多いです。

地域の話や子育て、世間話もできるので、だいたいの住所を聞いて身近に感じてくださいます。


小さくても石を積むことをあきらめずにやっていきたいと思います。